スポンサーリンク

土鍋でおいしいご飯の炊き方!一合炊きや無洗米の場合は?

f:id:tuiteru7886:20181029190010j:plain

冬と言えば鍋!

冬に備えて土鍋を購入された方も、多いのではないでしょうか?

 

最近ではおしゃれな一人用の土鍋もたくさんありますし、100均でも売っていますよね。

私も先日、ダイソーで400円の土鍋を購入しました。

 400円で土鍋が手に入るなんてびっくり!

使い勝手もよくておしゃれなので、食卓にそのまま出すこともできます。

 

土鍋を買ったのなら、普通に鍋料理だけに使うのはもったいない!

簡単なところで、土鍋でご飯を炊くこともできます。

 

「炊飯器があるのに土鍋で炊く必要あるの?」

 

と思われるかもしれませんが、

土鍋ご飯には炊飯器ご飯にはない、様々なメリットがあるんですよ。

 

ということで今回は、土鍋でおいしい1合ご飯の炊き方や無洗米の場合のポイントについてご紹介します。

 

 
土鍋でおいしいご飯の炊き方!1合炊くときのポイントは?


まずは土鍋でのご飯の炊き方です。

1合でもおいしく炊けるので試してくださいね!

 

炊飯用の土鍋も売っていますが、普通の土鍋でも問題なく炊けますよー^^

 

「はじめチョロチョロ中パッパ、赤子泣いてもフタとるな」

土鍋ご飯を簡単においしく炊くポイントは次の3つ!

 

美味しい炊き方のポイント!
  • 水の量は正確に!
  • 炊いているときは絶対にフタを取らない!
  • 蒸らしは必ず!

では早速、一合ご飯の炊き方をみていきましょう!

 

材 料
  • 米 1合
  • 水 200cc


◆炊き方
① ボールなどで米を研ぎ、たっぷり水で30分以上浸水させます。(冬場は1時間)


② ザルで水を切ったら、土鍋にお米と水を入れ蓋をします。


③ 中火にかけ沸騰するまで待ちます。


④ 沸騰したら弱火にして6~7分程炊く。

※このとき蓋は開けないように!


⑤ 6~7分経ったら(蒸気がなくなったら)、一気に強火にして5秒追い炊きをする。
 火を止めたら、すぐにコンロから下ろす。


⑥ 蓋を開けずに10分蒸らして完成!


無洗米の炊き方は水の量がポイント!

普通のお米と無洗米の場合、気をつけたいのが水の量です。

 

無洗米は、ヌカをていねいに取り除いているので、お米の表面のすべりがよく、計量カップにお米の粒が少し多めに入ります。

そのため水の量を増やすのがポイント!

 

無洗米を美味しく炊く水の量の目安

無洗米1合につき 大さじ1~2杯水を多くする!


この水の量の目安は、

精白米など普通のお米を計る計量カップを使用した場合になります。

 

計量カップの違い
  • お米用の計量カップ 1カップ=180ml
  • 普通の計量カップ 1カップ=200ml

 

計量が面倒だって方は、無洗米専用の計量カップが売っていますので、そちらを利用すればいいですよ~。

 

鶏肉やきのこなど他の具材も混ぜれば
簡単に炊き込みご飯も作れちゃいますよ。

 


炊飯器とどう違う?土鍋でご飯を炊く5つのメリット

f:id:tuiteru7886:20181029190425j:plain

土鍋でのご飯の炊き方について紹介していますが、

「ボタン1つで炊ける炊飯器の方が楽じゃん」

と思う方もいると思います。

 

そこで炊飯器にはない
土鍋ご飯のメリットを5つ紹介していきます。


①炊飯器で炊くより美味しい

1番のメリットは、炊飯器で炊くより美味しいということです。


土鍋はゆっくり熱が伝わり、冷めるのも遅いので、火を止めた後もお米にしっかり火が通ります。

また土鍋ご飯は、冷めても美味しさが損なわれないというのも、炊飯器にはない特徴です。冷めた状態でも水分を多く含み、硬くならないんですよ。

ですので、お弁当には最適ですね!

 

②炊飯時間が短い

吸水時間や蒸らす時間を含めると、炊飯器とほとんど変わりませんが、炊く時間は20分もかかりません。

前日の夜から水に浸けておけば、すぐに火にかけることができます。


③食卓にそのまま置ける

炊飯器の場合、そのまま食卓に置くのは無理ですが、土鍋なら可能です。

おかわりもすぐにできて便利ですし、できたてご飯が目の前にあると食欲をそそられますね。


④価格が安い

土鍋は炊飯器に比べ圧倒的に価格が安いです。
ダイソーでも売っているくらいですから。

もうすでに炊飯器を持っている方には関係ないかもしれませんが、1人暮らしで、まだ炊飯器を持ってないという方は、土鍋を使ってみてはいかがでしょうか?


⑤洗いやすい

意外かもしれませんが、土鍋は簡単に洗うことができます。
ご飯がこびりつくこともありませんし、普通にスポンジで洗えばOKです。

 


ここまでは、土鍋のメリットについてお伝えしてきましたが、もちろんデメリットもあります。

土鍋ごはんのデメリット
  • 炊飯予約ができない
  • 火加減の調節が必要
  • コンロを1つ占領する

などが土鍋のデメリットになります。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

土鍋は使い勝手が良く、あると便利な道具の一つです。

土鍋ご飯は炊飯器よりも美味しく、冷めても硬くならないので
余っても安心ですね。

お鍋に飽きたら、土鍋で炊き込みご飯を作ってみるのはいかがですか?