スポンサーリンク

年末年始の帰省!赤ちゃんがいる場合の電車移動はどうする?

f:id:tuiteru7886:20181018115914j:plain

年末年始になると、実家に帰られる方も多いと思います。

特に赤ちゃんがいる場合、実家の親や義親も孫の顔を見るのを、楽しみにしていることでしょう。

 

しかし…

小さい赤ちゃんを連れての電車移動というのは不安ですよね。

 

実家が電車で1~2時間というのは、
大人にとってはそれほど長い移動ではないですが、赤ちゃんがいるとなると話は別。

 

赤ちゃんがいるとオムツやお尻拭きなどの荷物が増えますし、なにより、周りの乗客の迷惑にならないか、いろいろ思い悩んでしまいます。

 

そこで今回は、赤ちゃんを連れての帰省の際、電車移動のコツやあると便利な物などについてまとめてみました。
是非参考にしてくださいね。

 

 

 
帰省時の赤ちゃんとの電車移動は計画的に!

f:id:tuiteru7886:20181018115932p:plain

 

赤ちゃんを連れての帰省の際、電車での移動で大事なのは下準備です。

 

事前に確認したいこと
  • 時間帯を考える!
  • オムツ替えスペースの確認!
  • 便利グッズの準備!

 

まず帰省する際、電車の空いている時間帯をチェック!

乗るときは、できるだけ人が少ない車両に乗るようにしましょう。

 

そして、赤ちゃんのリズムに合わせて、機嫌のいい時間帯を計算しましょう。


授乳後すぐに寝る子だったら、お昼のミルクタイムを出発時間にするなど、時間帯を考えることで無理のないペースで帰省することが出来ます。

 

また各駅のエレベーターや、オムツ替えスペースの場所や数を把握しておくのも、スムーズに移動するために抑えておきたいポイントです。

 

電車での帰省の際、あると便利なものが以下の3つになります。

 

あると便利なもの
  • 授乳セット
  • 抱っこひも
  • お気に入りのお菓子やおもちゃ

 

特にお菓子やおもちゃは、実家でぐずったときにも使えるのでいくつかあった方が安心です。

 

電車での移動は、慣れていない赤ちゃんにとってはかなりの負担になります。 

ですので帰省する前に、家から近い場所に電車で出かけてみるなど、徐々に慣らしていくのも大事ですね。

 

また、親に実家の最寄り駅まで迎えに来てもらうなど、事前に協力を依頼しておくのも、スムーズに帰省するためのコツですよ。

 

 

帰省の荷物!なるべく減らして負担を減らそう!

f:id:tuiteru7886:20181018115959j:plain

赤ちゃんを連れて帰省するとなると、必然的に荷物が多くなります。
なるべく現地調達できるものは現地で買い、荷物を減らしましょう。

 

紙オムツやお尻拭き、粉ミルクなどは移動の時必要な分だけ持参すれば、荷物が少なくなりますね。

 

また紙オムツは、
衣類圧縮袋などに入れて圧縮すると持ち運びに便利です。

 

着替えも洗濯が可能なら、そんなに枚数はいりませんよ。

今では100均でもベビー用品が結構揃っているので、事前に親に用意しておいてもらえるとスムーズです。

 

私は帰省する際、赤ちゃんの荷物やお土産(日持ちするもの)は宅配便で事前に送っていました。

 

戻ってくるときは逆パターンで我が家に荷物を送る手配をして帰ります。

帰省すると、行きより帰りの荷物が増えることが多いので宅配便はよく利用していましたよ。

 

必ず持参したいもの!

母子手帳や保険証

この2つは必ずバッグの中に入れておきましょう!


まとめ

帰省時の電車に限らず、小さな赤ちゃんを連れての移動というのは大変ですよね。

授乳やオムツ替えは事前に済ませ、万全の体制で出かけましょう。

 

もし電車内で赤ちゃんがぐずってしまったら焦らず、お気に入りのお菓子やおもちゃでなだめたり、

場合によっては、1度降りるなどの柔軟な対応をしていきましょう。

 

消耗品は現地調達すると荷物が減ります。

協力を依頼できるようなら、親御さんにもいろいろと手伝ってもらいましょう。

結構、頼まれるのを待ってる…ってこともあるんですよ。

 

年末年始は寒いので、しっかり着込んでから帰省してくださいね!