スポンサーリンク

妊娠報告を職場に伝える時期は?職場での辛いつわりの乗り越え方も

f:id:tuiteru7886:20181016134741j:plain

 

ご懐妊おめでとうございます。

 

待ち望んだ赤ちゃんだと喜びも大きいですよね。

 

 

妊娠は嬉しいことですが…

 

その一方、

どのタイミングで職場に報告すべきか、迷う方も多いのではないでしょうか?

 

つわりの症状がどうなるかわかりませんし、

今後仕事に支障が出る可能性があることを考えると、早めに連絡すべきですが、

 

流産の心配もないわけではないので

あまり早くに報告していいものか、悩みどころですね。

 

そこで今回は、職場への妊娠報告の時期と職場でのつわりの乗り越え方についてご紹介します。

 

  

 

職場への妊娠報告はなるべく早めに!時期はいつ頃が一番多い?

f:id:tuiteru7886:20181016134802j:plain

実はほとんどの方が

妊娠が分かってからすぐに上司に報告しています。

 

妊娠初期は見た目も変わらないですし、

あまり早くに報告してしまうと

 

「周りから浮かれすぎと思われるのではないか?」

とためらってしまうかもしれません。 

 

しかし、つわりの症状が出始めるのは人にもよりますが

大体妊娠2か月頃。

 

人によっては妊娠が分かってから割とすぐに、つわりの症状が出始めます。

 

つわりの症状も様々で、

その時になってみないとわからないですが、

 

急に具合が悪くなり、欠勤や遅刻の可能性もでてきます。

 

体調不良で、会社に行けなくなってからの妊娠報告ですと、お互いに気まずいですし

 

会社にも迷惑がかかってしまうので、妊娠報告はすぐに伝えておきましょう。

 

早めに伝えることによって

出勤時間や仕事内容を配慮してもらえるかもしれません。

 

あまり早くに報告したくないという場合は、とりあえず上司にだけ早めに報告をし、

 

同僚に対しては安定期に入ってからでもいいと思います。 

 

 

妊娠報告したけどつわりの時仕事は?職場での辛いつわりの乗り越え方 

f:id:tuiteru7886:20181016134826j:plain

 つわりと言うと

吐き気嘔吐匂いに敏感になる・・

 

といったイメージを持つ方が多いと思いますが、

症状の重さは、本当に人それぞれ。

 

ほとんど症状が出ない人もいれば、入院が必要になるほど重い人もいます。

 

寝込むほどひどい場合は、無理せず仕事を休むべきですが、

 

「休むほどではないけど、しんどい・・・」

という時もあると思います。

 

あなたはどのように

辛いつわりを乗り越えているのでしょうか?

 

では今から、職場での辛いつわりの乗り越え方をお伝えしていきますね! 

 

・気持ちが悪い時は無理せず吐く

吐くことによって、スッキリすることも多いようです。

そして、吐く前に水を飲んでおくと、吐きやすくなります。

 

 

・無理にご飯は食べない

人によっては、炭酸飲料だけで乗り切ったという人もいます。

 

私の友人は第2子を妊娠したときつわりがひどく「不二家のレモンスカッシュ」で乗り切って、無事元気な男の子を出産しましたよ。

 

酸っぱい食べ物を食べると、吐き気が軽減するケースも多いようです。

 

 

・マスクをする

匂いに敏感な人は、マスクをすると少し軽減されます。

 

 

・食べづわりの場合はこまめに食べる

グミやガム、飴などをデスクに入れておきましょう。

 

飲食のしやすい職場なら、小さいおにぎりを持っていくのも手です。

 

勤務中の飲食が難しい場合は、タブレットならこっそり口に入れやすいと思います。

ウィダーインゼリーを活用する人もいます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

初めての妊娠だと、わからないことが多くて戸惑うこともあると思います。

 

仕事も大切ですが、

まずは、お腹の中にいる赤ちゃんのことを最優先しましょう!

 

つわりがひどいときは、思い切って仕事をお休みし、安定期に入ったら復帰するというのもアリです。

 

ですので、職場への妊娠の報告は早めにすること。

 

もし急遽休むことになったとしても、事前に分かっていれば、同僚もフォローしやすくなります。

 

1人で頑張りすぎず、周りからの理解を得ながら働いていけるといいですね。